店舗情報

OBISの店舗情報やオススメ商品、お知らせなどをご紹介いたします。

店舗情報

寒中見舞いQ&A

2016.01.19

 2016年初めの月も早いもので3週目となりました。

松の内も終えた今の時期、毎年店頭でよく聞かれることがあります。

「はがきって売ってる? 」や「 いつまでに出すの? 」など・・・

ん?年賀状?!  いやいや、そうではありません。

寒中見舞いはがきについてです。

そこで今日は、よく問い合わせを頂く寒中見舞いについてまとめてみました。

《 寒中見舞いQ&A 》

Q.喪中だったので年賀状を出しませんでした。代わりに寒中見舞いを

 そうと思いますがいつ頃出せばよいですか?

A. 寒中見舞いを出す時期は、寒の入り(1月6日頃)~立春(2月4日頃)までが一般的です。

Q.余った年賀状を使って書いてもいいでしょうか?

A. 寒中見舞いは余った年賀状は使用しません。

なるほど・・・

でも、どうして寒中見舞いはがきを出すの?!

①一般的な季節のご挨拶として  

②喪中の方へのご挨拶として  

③年賀状の返礼を松の内(1月7日)までに出していない場合  

④不幸を知らずに年賀状をくださった方への欠礼のお知らせとして

なのだそうです。 

ちなみに、山科店ではこのようなはがきをお勧めしております☆

IMG_6144.JPG

見出し文の入っているものや・・・

IMG_61461.JPG

メッセージを沢山書けるタイプのものもあります。

IMG_6145.JPG

特に寒中見舞い用ではないのですが、梅の花をあしらったようなデザインも人気です。

IMG_6148.PNG

春のお訪れをお知らせするかのような、桜柄でも良いと思います。

2月まではまだまだ寒い日が続きそうなので、大切な方へ気遣いのメッセージを送ってみるのも良いですね。

以上、 寒中見舞い豆知識  でした。 

ご参考にして頂けると幸いです。

山科店  山本

近畿オービス株式会社
〒607-8142 京都市山科区東野中井ノ上町1番地21 TEL.075-591-4425 / FAX.075-591-4436 / E-MAIL:info@k-obis.co.jp